メイン コンテンツにスキップ

説明

岩石を土台に成長した結晶がむき出しになった様子がすごく綺麗だと思った。そんな様子をジュエリーに落とし込む事は出来ないだろうか。そんなアイデアから作り始めたのがこの[MINED-STONE JEWELRY]採掘して出てきた結晶をイメージして名付けました。

ピンクトルマリンを留めた指輪。プラチナならではの艶感が良い感じです。ランダムに削ったファセット面の2面にメレダイヤをあしらいました。面の表情が変わるだけでグッと表情に変化が出たのではないかと思います。

少し脱線しますが、ジュエリーの製作ををしていて、指輪はネックレスやピアスに比べ重さとの関係が深いように僕は感じます。デザインや質感のバランスに重さが加わる事で手にした時により印象深くなると思うのです。プラチナは銀に比べ比重が倍近くあります。見た目が華奢な指輪の場合、作りがしっかりしていても、想像した重さよりも実物が軽かったりすると、壊れそうだなぁとか、少しマイナスな印象になってしまいがちですが、程よい重さを感じると不思議としっかりとした作りのように感じ、安心感も生まれているように思います。プラチナは基本的に外的要因で変化が起きにくい素材なので、普段使いしていて変色したりする事はありませんので、安心して使って頂けます。酸素バーナーで炙って部分的に溶かしても変色しないのだから間違いありません。(笑)

ピンクトルマリンを留めたプラチナの指輪

今回使用したピンクトルマリンはさざれ石のような感じで採取された原石。どれも長い時間をかけて川上から流れてきただけあって、角がとれて丸くなっている。自然が作り出した形のイメージを残したままカットをしたら素敵な感じになるだろうと、原石を見た時にすぐイメージ出来ました。カットは、山梨の宝石研磨を専門にする職人さんにお願いしました。出来上がってきたものはどれも個性的な表情をまとった綺麗なものばかりでした。どんな石にもだいたい、クラック(ヒビのようなもの)や内包物などが含まれていますが、もちろん今回使用した石にも含まれています。あえてそんな部分を残した理由は簡単です。何百万年もかけて形成された結晶の痕跡だと思ったら、そんな表情も良い景色に僕は感じたからです。綺麗な部分だけ取り出して研磨する事も出きますが、今回はより石の個性を感じてもらえるものにしたかった。

トルマリン原石
カット研磨する前のトルマリンの原石
カット済みトルマリン各種
一面一面丁寧にカットされ磨かれたトルマリンのルース
ピンクトルマリンを留めたプラチナの指輪
Pt900 Pink Tourmaline Ring / プラチナ900にピンクトルマリンを留めた指輪

このシリーズの特徴は研磨されたルースのどれ一つとっても同じ形、色のものはないところ。ランダムにカットされたファセット面が綺麗に留まるように石枠を作りながら、一つ一つ石のイメージに合わせて指輪をつくりました。この指輪に関しては、サイズ直しも承れますので、ご希望のサイズでお届け致します。12号をご希望の場合は最短でのお届けとなりますが、それ以外の場合は、お届けに2〜3週間ほど頂きますので予めご了承頂けたら幸いです。

文/竹内 稔

Design | デザインPROOF OF GUILD
Name | 名称Mined-Stone Ring Pink Tourmaline
Material | 素材ピンクトルマリン
ダイヤモンド
Pt900 (プラチナ900)
Dimensions | 寸法トップ h11.8 w7.8 d7mm
リング幅 約2.6mm
Ring Size | 指輪のサイズ12号
Country of Origin | 製造国日本
Memo | 備考サイズ直し±3号可(9号〜15号)
サイズ直しによる価格変動はありません
Price | 価格
¥161,700 (税込)

在庫あり